2014年6月の北海道旅行①

北海道網走市「食事処いしざわ」(2014・6・6)

久々の北海道旅行。羽田空港の国内線第2ターミナルに到着したのは午前10時過ぎのこと。保安検査場を通り11:00発ANA 61便(新千歳空港ゆき)の出発する59番搭乗口へ向かう。

画像


待つこと暫し、搭乗開始となり機内へ。

画像


ANA 61便は定刻より12分遅れで羽田空港を出発。しかしANA 61便は羽田空港付近が強風で滑走路が1本しか使用できないとの事で中々離陸できなかった。かなり遅れての出発だが飛行は至って順調。忙しくなってしまうが何とか新千歳空港から(女満別空港ゆき)ANA 4865便へは問題なく乗り継げそうである。ANA 61便が新千歳空港に到着したのは定刻より24分遅れの12:59。乗り継ぎとなる13:15発ANA 4865便は間もなく出発時刻となる。地上係員に乗り継ぐ旨を申し出てANA 4865便の出発する1番搭乗口へ急ぐ。

画像


搭乗ゲートを通り機内へ向かうとANA 4865便は直ぐに出発となった。

画像


定刻より1分早い13:14に新千歳空港を出発したANA 4865便は順調に飛行を続ける。

画像


ここで先ほど乗り継ぎの途中に急いで購入しておいた空弁「かにいなり鮨」を戴く。

画像

画像


お腹も満たされ一安心したところで「間もなく着陸態勢に入ります」とのアナウンスが入る。ANA 4865便はあっという間の13:57に女満別空港に到着。定刻より3分早い到着である。

画像

画像


今日はこれから網走に向かい「みゅーりゃさん」や「安部ちゃん」達と合流し、久々の宴となる予定である。その他は特に予定もない。初めは「西女満別駅」まで歩き、列車で【網走】へ向かおうとも考えていた。しかし、異常気象でとても暑く「西女満別駅」までは30分以上かかるとの事で歩きは諦めた。取りあえずは「美幌駅」へ向かってみることに。バスの時刻までは少々余裕があるので空港内を散策する。女満別空港応援キャラクター「結月ゆかり」というボードを発見。空港ビルの館内アナウンスも担当しているそうである。

画像


感心しながら時間を潰し「女満別空港」から「美幌」ゆきのバスに乗車。出発したのは定刻の14:45であった。

画像

画像


ローカル路線バスらしく車内は数名程度の乗車である。

画像


終点の「美幌駅前」へは予定時刻より1分早い15:08に到着。他の乗客は途中の停留所で降りてしまい、終点まで乗車したのは私だけであった。お次は「美幌駅」からJR石北本線にて【網走】へ向かう。

画像


切符売り場で【網走】までの乗車券を購入した後は待合室で改札が始まるまで暫く待つ。15:30過ぎに改札が始まりホームへ向かう。待つこと数分で【網走】ゆき4665D列車が到着。列車は1両編成の普通列車。ワンマンカーである。

画像


車内は沢山の高校生で溢れかえっていたが【美幌】で大半の高校生が下車し着席する事が出来た。【網走】ゆき4665D列車は定刻の15:39に【美幌】を発車。列車はノンビリと走り続け、定刻の16:10に終点【網走】へ到着した。

画像


取りあえずは予約しておいたホテルへ向かう。途中でコンビニのセイコーマートに立ち寄り朝食などを購入してからホテルにチェックインする。待ち合わせの時間までは、かなりあるので部屋でノンビリ過ごす。ボーっとテレビを見ていた時のことである。突然停電となりビックリしたが直ぐに復旧して一安心。5:30過ぎに散歩がてら街の散策に出かける。すると、街の一角で警察車両が道路に横付けされ交通整理をしている。覗いてみると電気の復旧工事をしており付近ではまだ停電したままである。再び歩き始め今夜の目的地である「食事処いしざわ」へお邪魔する。

画像


待ち合わせ時刻は6時だが少し早めに到着したので先に「ビール」を戴く。お通しは「タコとワカメの酢の物」である。

画像


美味しく摘まみながら「ビール」を戴いていると「みゅーりゃさん」や「安部ちゃん」達が到着。早速本番のスタートである。茹でた「カニ」や

画像


「ホッキ・ホタテ・サクラマスの刺身」

画像


「ホヤ」

画像


「アスパラガス」

画像


「ホタテのバター焼」

画像


「生ウニ」

画像

画像


「キンキの塩煮(ウスターソースかけ)」などを

画像

画像


「日本酒」と共に美味しく戴く。

画像


かなりご機嫌となり「食事処いしざわ」を後にした。

つづく

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 5

驚いた
ナイス ナイス ナイス ナイス

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック