2014年2月のヨーロッパ旅行②

ようやく出発 (2014・2・15)

豪雪のせいで出発が遅れることを覚悟しながら「NH203便(フランクフルトゆき)」の搭乗開始を待つ。日付は変わり2014年2月15日。当初の天気予報では日付が変わった頃に雪は止み、除雪が終わり次第出発するつもりだったのだろう。しかし予報は大きく外れ雪は一向にやむ気配はない。機材のトラブルだったら他の便に振り替えるとか考えられるのだが、空港が閉鎖されていてはどうしようもない。取りあえず待つしかない。そんな中、案内が入った。出発時刻を翌日9:15に変更するという。当初の予定ではフランクフルトへは5:25に到着。その日のうちにルクセンブルクまで列車で移動することにしている。予定が大幅に変更になるのでフランクフルトからルクセンブルクまでの列車のスケジュールを調べなおす。飛行機が約8時間遅れの9:15に出発できれば当日中にルクセンブルクまで辿り着ける事が判り一安心。ひとまず仮眠をとる。目を覚ますと6:00過ぎ。辺り一面の雪景色である。

画像


朝食を摂り再び出発を待つ。すると再び出発時刻が変更された。変更後の時刻は11:00。滑走路の除雪が思うように進まないとの事だ。案内モニターの表示は「時刻未定」。

画像


再び列車のスケジュールを調べなおす。何とか当日中にルクセンブルクまで辿り着けるようなので搭乗開始を再び待つことに。しかし、暫くすると出発時刻が12:00に変更された。この時点で当日中にルクセンブルクまで辿り着けない事が判り、予約しておいたルクセンブルクのホテルをキャンセル。フランクフルトのホテルを予約した。時刻はお昼前になり昼食を戴く。再度、出発時刻が変更。13:30となった。再び待っていると出発時刻が15:00に変更された。半ば諦めながら出発を待っていると搭乗口が133番に変更された。そして漸く搭乗開始。

画像


111番搭乗口はブリッジからの搭乗だが133番は飛行機までバスでの移動である。

画像


やっとのこと搭乗する事が出来一安心。「NH203便」が羽田空港を出発したのは15:35。当初の予定より14時間25分遅れの出発であった。

画像


安定飛行に移った後は機内サービスの始まり。1回目の食事は中央ヨーロッパ時間で9:00過ぎのことである。

画像


食事サービスの後はお昼寝タイム。2回目の食事サービスは17:00過ぎであった。

画像


「NH203便」がフランクフルト国際空港に到着したのは18:52のこと。当初の予定より13時間27分遅れの到着であった。

画像


入国審査が無事終わり、預けておいた荷物をピックアップしてから隣接駅の【Frankfurt(M) Flughafen Regionalbf】へ向かう。券売機で【Frankfurt Hbf (tief)】までの乗車券を購入し乗り場へ。Sバーン「S8」に乗車し【Frankfurt Hbf (tief)】で下車。

画像


予約しておいたホテルまでは歩いて5分くらいで到着。チェックインを済ませた後は翌日乗車する列車の切符を購入するために再び【Frankfurt Hbf】へ向かう。

画像


だが残念なことに切符売場は土曜日に限り20:00閉店。時刻は20:00を少し廻ったばかりであった。しかし困ることはない。「DB(ドイツ鉄道)」では殆どの券売機で指定券も購入する事ができる。そんな訳で翌日使用する乗車券と指定券を券売機で購入する事が出来た。これで取りあえずは一安心。駅構内のカフェへ向かう。

画像


細やかながらではあるが、長時間かかったフランクフルト到着を労い「ビール」で乾杯。

画像


「ビール」を戴いた後は売店で「ブラートヴルスト(Bratwurst)」を購入。美味しく戴いた。

画像


帰り道では駅構内のスーパーに立ち寄りミネラルウォータや朝食を購入しホテルへ戻った。

つづく

この記事へのコメント

2014年05月02日 15:52
14時間25分遅れですか・・・
国際線は意外と飛ぶって思っていましたが、流石にあの大雪では厳しかったようですね・・・

この記事へのトラックバック