2014年3月の「沖縄」その1

沖縄県那覇市久米「栄喜」(2012・3・4)

今回のスタートは遅め。羽田空港第2ターミナルに到着したのは午後3時過ぎのことである。保安検査場を通り、これから搭乗する15:55発のANA137便(那覇ゆき)の出発する57番搭乗口へ向かう。

画像


搭乗口に到着すると直ぐに搭乗開始となり機内へ。

画像

画像


ANA137便が出発したのは12分遅れの16:07。順調に飛行を続けたANA137便は、

画像


定刻より9分遅れの18:49に那覇空港に到着した。

画像


【那覇空港】から19:12発の「ゆいレール」に乗り予約しておいたホテルの最寄駅である【旭橋】で下車。ホテルへ向かう。

画像


チェックインを済ませた後は部屋に荷物を置き、晩ごはんを戴くために街へ出る。お邪魔したのはホテルからも近い居酒屋さんの「栄喜」。暖簾をくぐると店内は既に盛り上がっていてとても賑やかである。

画像


元気な女将さんにカウンター席に案内され早速「生ビール」で喉を潤す。お通しは「カレー風味の魚の天ぷら」と「インゲン豆の白和え」。

画像


テーブルの調味料が沖縄らしくて嬉しくなる。

画像


一品目は「刺し身の盛り合わせ」を戴いた。

画像


飲み物を「泡盛(残波)の水割り」に切り替える。

画像


続いて「魚の天ぷら」が出来るか聞いてみたところ「スルメイカ」がお手頃価格と勧められお願いする。「天ぷら」が出来上がるまでは刺身を摘まみつつ「泡盛」を戴く。2杯目の「泡盛」は「くら」の古酒。こちらも美味しい。暫くするとスルメイカの「天ぷら」が出来上がる。揚げたてで美味しい「天ぷら」はソースで戴く。

画像


続いて「ラフテー」を戴き、

画像


〆に「大東寿司」を戴くとお腹はハチ切れんばかりに満杯である。

画像


気持ちも良くなりこの辺でお開きすることに決めお会計。帰りはコンビニに立ち寄りホテルへ戻った。

つづく

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック